全国各地で多くの方にお会いすると、「私がよく行くお店の店主は、京都造形芸大の卒業生と言っていました」「私の使っているこの商品、貴学の卒業生の方の作品です」とご紹介いただくことが多々あります。私たちが知っているお店もあれば、「えっ!?そんなところで」と思わぬ出会いに嬉しくなることもあります。

この度の「開学40周年事業」の目的は、卒業生の皆さんの活動を可視化することにより、新たなつながりを創出することです。そこで全国各地で活動されている卒業生の取り組みをお伝えしたいと考えて生まれたのが、この「卒業生のいるお店」のWEBサイトです。

お届けしたいものは商品自体の魅力はもちろんですが、その卒業生の方の想いや考え、出会いなどの物語です。「いいな」と思われたら是非そのお店に行ったり、コンタクトをとってみてください。そこから新たな「つながり」が生まれることを期待しています。

京都造形芸術大学 事務局長 吉田大作

卒業生の情報を教えてください。

「卒業生のいるお店」では、これからも京都造形芸術大学・京都芸術短期大学 卒業生の活動を随時発信していきます。自薦・他薦問いません。

■メールのタイトル
「卒業生のいるお店の紹介」と記載

■本文
・紹介したい卒業生のお名前、活動内容、活動場所、連絡先(電話やメール等)
・紹介者(メール送付者)のお名前、連絡先

京都府

ハーブを通して、日々のセルフケアを

太田 明子さん(LITTLEWONDERS 運営責任者)
2001年 京都芸術短期大学 映像コース 卒業

「ハーブティーを通して、自分に向き合い、自分や周りの人を大事にできますように」と考えておられる太田さん。大学卒業後、日常生活の中で体調を崩しては薬を飲むといった習慣になりがちだった時、薬に頼らない自然療法の一つとしてハーブに出会いました。
ハーブのことをもっと知ろうと、ハーバルセラピー(植物療法)の資格を取得したが、自分のほしいブレンドがなかったので、「それなら自分で作ろう。見た目でもプレゼントして喜んでもらえるようなデザインにしたい」とネットショップを開業することを決意。
ひとつひとつ手作業でブレンドされている彼女の思いが詰められたハーブティーは、世界中から集められたオーガニック、無農薬にこだわり、すべてノンカフェインのものをセレクトしています。色合いや温かみはもちろんのこと、風邪の予防や体調を整えながら初心者でもおいしく味わえます。
自分のくらし、そして大切な人のくらしを見つめ直す、いいきっかけ作りになってくれますように。

text:松本卓也/photo:CHIMASKI/August, 2016

  • そのときどきの体調に合ったハーブをハーバルセラピーの観点からブレンドしてくれます。

  • 見た目からも興味をもってもらえるような色鮮やかなブレンドになっています。
    おいしくいただいてもらうために、ホームページではハーブティーの入れ方などを詳しく掲載し、動画もアップしています。

  • あたたかいお湯を注ぐと、ハーブティーから心地よい香りがしてきます。
    音、香り、色、温かさ、味といった、日々の生活から鈍ってしまった五感を使うことで、弱っていた自然治癒力を高めてくれます。

  • 初めての方でも楽しんでもらえるように、商品ごとの成分、効能もわかりやすく記載されています。
    ひとつひとつ丁寧にパッケージされており、プレゼントとしても喜ばれています。

お店について

LITTLEWONDERS HERBS&TEA (リトルワンダーズ)

http://www.littlewonders-herb.com/

卒業生の紹介

太田 明子(おおた ともこ)

1980年、京都府生まれ。LITTLEWONDERS運営責任者。
京都芸術短期大学映像コース卒業。学生時代、就職先でも映像関係の仕事に携わっていたことにより、商品のパッケージデザインからホームページデザインまですべて手がけています。学生時代からの「伝えること」を大切に、「ネットショップ以外でもハーブティーをもっと身近に取り入れてほしい」という思いから、大人から子どもまでを対象に自分たちで実際にブレンドすることができるワークショップなどを開き、多くの人に楽しんでもらっています。

トップに戻る