全国各地で多くの方にお会いすると、「私がよく行くお店の店主は、京都造形芸大の卒業生と言っていました」「私の使っているこの商品、貴学の卒業生の方の作品です」とご紹介いただくことが多々あります。私たちが知っているお店もあれば、「えっ!?そんなところで」と思わぬ出会いに嬉しくなることもあります。

この度の「開学40周年事業」の目的は、卒業生の皆さんの活動を可視化することにより、新たなつながりを創出することです。そこで全国各地で活動されている卒業生の取り組みをお伝えしたいと考えて生まれたのが、この「卒業生のいるお店」のWEBサイトです。

お届けしたいものは商品自体の魅力はもちろんですが、その卒業生の方の想いや考え、出会いなどの物語です。「いいな」と思われたら是非そのお店に行ったり、コンタクトをとってみてください。そこから新たな「つながり」が生まれることを期待しています。

京都造形芸術大学 事務局長 吉田大作

卒業生の情報を教えてください。

「卒業生のいるお店」では、これからも京都造形芸術大学・京都芸術短期大学 卒業生の活動を随時発信していきます。自薦・他薦問いません。

■メールのタイトル
「卒業生のいるお店の紹介」と記載

■本文
・紹介したい卒業生のお名前、活動内容、活動場所、連絡先(電話やメール等)
・紹介者(メール送付者)のお名前、連絡先

東京都

人と人を“むすぶ”おむすび

爽やかな風が心地いい週末の朝。岐阜にあるセレクトショップEUREKAで開かれたイベントの一画に、水口さんの営む「山角や」がお店を開きました。「山角や」は店を構えず、出張専門でオーダーメイドのおむすびをつくるお店。...(食べる/eat)

つづきを見る

京都府

暮らしの楽しみに寄り添う雑貨店

小西さんが営む暮らしの雑貨店「トリバザール」は、京都のシンボル鴨川のほとり、小さな路地が入り組む三本木エリアにあります。大学卒業後、雑貨店で働いたのち母校の事務職を経て、ご実家があるこの場所にお店をオープンさせました。...(買う/product)

つづきを見る

東京都

大好きな人の笑顔を、おばあちゃんになるまで

「おばあちゃんになるまで おいわいしたい」というコンセプトのもと、加藤麻希さん(京都造形芸術大学卒)と戸田麻子さん(多摩美術大学卒)の二人で立ち上げたプライベートフォトを専門としたユニット "...(体験する/do)

つづきを見る

京都府

手を動かしながら、自分の感じる美しさをかたちに

大阪中之島、graf studio(グラフスタジオ)。関西におけるデザインシーンの中心地とも言えるこの場所で、デザイナー松倉葵さんの展示企画 “AOI MATSUKURA exhibition”が開催されました。この展覧会では、彼女が手がけるアクセサリーブランド “AOM”の...(買う/product)

つづきを見る

京都府

暮らしに近いかたちで使ってもらうために

徳田さんが営む「SONGBIRD DESIGN STORE.」は京都・堀川丸太町、堀川通りをはさんで二条城の向かいにあります。もともと住宅だったビルを改築したお店は、1 階はギャラリースペース、...(食べる/eat)

つづきを見る

京都府

町家を守り、京都の美しさを守るために

北村さんの営む町家のお宿「あずきや」は、平安神宮や南禅寺のほど近く、春には蹴上インクラインの桜びらが美しく舞うところにあります。町家で育ち、古いものや街づくりに興味があったという北村さん。大学では...(食べる/eat)

つづきを見る

京都府

時を経たものに、「格好よさ」を探して

ヨーロッパの古道具を扱う「Soil」は、京都市左京区の寺社や美術館が集まる文化エリアにあります。小学生の頃から古いものが大好きだったという仲平さん。道端にビンの蓋など「お宝」を見つけては...(買う/product)

つづきを見る

京都府

みんなが夢中になれる時間を

「TANSANをきっかけに大勢の人びとにボードゲームの楽しさを知ってもらいたい」。自分たちが楽しむだけでなく、自分たちの体験や、お互いの得意とする分野を活かした新しいゲームを開発するうちに、夢が目標となり、ついには卒業と同時に三人でボードゲームを制作する会社を立ち上げました。...(買う/product)

つづきを見る

京都府

日常に光をあてるジュエリー

京都市左京区にスタジオを構えるブランド「CHIMASKI」。30年前のカフェを改装したというスタジオは造形大にほど近く、日々ここから、あたらしい発想のジュエリーが生みだされている。...(買う/product)

つづきを見る

大阪府

誰もがやりがいを感じる、居場所をつくる

「poRiff(ポリフ)」の商品はさまざまな人の手を介して生まれています。代表の薮内さんは、在学中より、雑貨をデザイン・製作する「poRiff」の活動を始めました。...(買う/product)

つづきを見る

兵庫県

仲間とつくる「米粉の生パスタ」

一口食べるともちっとしていて、甘みが広がる「米粉のパスタ」。多くの人との出会いの中で作られたこのパスタは瞬く間に、愛される料理となりました。小川さんの奥様はイタリア出身。...(食べる/eat)(買う/product)

つづきを見る

京都府

お客さんとの関係を大切にする、育てるかばん

柿渋や柘榴(ざくろ)、茜などの植物染料を使った草木染めのかばんブランド「haru nomura」。化学染料を使わずに時間と手間をかけて、ひとつひとつ自然のちからで染められた丈夫なかばんは...(買う/product)

つづきを見る

岐阜県

“ちゃわんむし”が
集まる陶芸教室

浅野さん夫妻が営む「陶芸教室ちゃわんむし」は岐阜県各務ヶ原市にあります。教室の名前である「ちゃわんむし」とは、「陶芸(ちゃわん)に夢中(むし)になる人」という意味です。...(体験する/do)

つづきを見る

京都府

ハーブを通して、日々のセルフケアを

「ハーブティーを通して、自分に向き合い、自分や周りの人を大事にできますように」と考えておられる太田さん。大学卒業後、日常生活の中で体調を崩しては薬を飲むといった習慣になりがちだった時...(食べる/eat)

つづきを見る

大阪府

生活にユーモアをプラスする
家具づくり

永田さんは在学時から家具製作を始めました。卒業後、家具職人である叔父さんのもとで経験を積み、大阪府門真市で「iei studio」を設立。...(買う/product)

つづきを見る

京都府

芸術と向き合うように、カレーをつくる

今中さんが「森林食堂」としてカレーをつくるようになったのは、自身で出演する音楽イベントで、自作のカレーを振る舞ったことがきっかけだったそう。食べた人に喜んでもらえるのがうれしくて...(食べる/eat)

つづきを見る

山口県

目に見えないものを感じられる
ガラス作品を目指して

夏の暑さが残る8月下旬。山口県周南市。湯野温泉のほど近く、めだかが泳ぐ水田が眼前に広がる櫻井彩さんのガラス工房を訪ねました。...(体験する/do)

つづきを見る

兵庫県

新しい「糀」の魅力を伝える

「糀」への新たな挑戦に挑む、花房商店。発酵した糀に味をつけた調味料“HANAFUSA”は、看板商品のひとつです。味は全部で6種類。今では馴染みのある「塩糀」や、ジェノベーゼの味をつけた「もろジェノ」など...(買う/product)

つづきを見る

京都府

みたてることで、
新しい「美」を見出す

花屋「みたて」は、京都市北区の町屋の一角にあります。大学卒業後、洋花を扱う花屋に勤めるうちに商業ベースの植物の扱い方に疑問を感じた西山さんが、結婚を機に夫婦で始めたお店です。...(体験する/do)

つづきを見る

京都府

二人の思いを込めた手作りうどん

「何もないからこそ、自分たちでできることがある」二人が持ち帰ったモノは、綾部市・志賀郷という土地でうどんを作る思いでした。女将の竹原妙さんは、大学時代に陶芸の産地巡りで訪れた先で、沢山の人の優しさを。...(食べる/eat)(買う/product)

つづきを見る

京都府

人の持つ「美しさ」を引き出す
似顔絵とジュエリー

京都市南区。東寺のすぐ近くの路地に足を踏み入れると、町家を改修したアトリエ(兼ショップ)「&NIGAOE」「e.n.s」はあります。そのアトリエを営むのは、笑達さんと川井有紗さんご夫妻。...(体験する/do)

つづきを見る

長野県

地域×食×家族の愛がつまったケーキ

長野県長野市。善光寺から足をのばして歩くと城山動物園のほど近くに、「てんしのけーき」のお店はあります。情報デザイン学科のゼミで、デザインと地域の関係性や食について考える機会を得た母袋さん。...(食べる/eat)(買う/product)

つづきを見る

東京都

こども×デザインの実践教室

東京都、阿佐ヶ谷駅から賑やかな商店街を抜け、静かな住宅街の一角にある小さなデザイン教室。ここでは様々な年齢のこどもたちがデザインについて考え、学んでいる。空間演出デザイン学科のゼミで、デザインは机上だけで考えるものではなく...(体験する/do)

つづきを見る

京都府

ちょっと贅沢な家庭料理「逸京」

“ちょっと贅沢な家庭料理”というコンセプトのもと、京都市・岩倉に「逸京」はオープンしました。植浦さんにとって京都は大学時代から多くの人と出会った場所。研究熱心な植浦さんはこの場所で「社会に対して何ができるのか」...(食べる/eat)(買う/product)

つづきを見る

千葉県

野菜によって彩られる食事の時間

千葉県、茂原。ここは安定した穏やかな気候のおかげで野菜も元気に育ちやすい地域です。そんな茂原にあるシンパカフェ。ここでは野菜だけで調理される“やさいごはん”をお召し上がりいただけます。...(食べる/eat)

つづきを見る